無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
入居審査では確実な調査を!!
JUGEMテーマ:日記・一般

この話はずっとお伝えしたいと思っていたのですが、、、書きそびれていました。。
すみません・・・

先般、入居者の属性が悪化してきているという話題を書きましたが、、
以前に比べ、年収も低下していたり、派遣契約が多くなったりという様なことで・・・・・・・

賃貸住宅の需要が大きく増えて来ない状況の中で、
客付け会社さんも、底辺を広げていくことで入居者数を少しでも獲得していこうと
しています。
そうすると、、一般的に賃貸住宅を借りずらい属性にあたる人物でありながら
無理にでも契約を結んでしまおうとする訳です。

例えば、夜のご商売の方々とか・・・・・他にも、、、
なかなか、一般の大家さんでは、入居を拒む場合が多いと思います。
(勿論、しっかりされた方も沢山おられるでしょうが、概してそうなりがちという意味です)

そういったお客さんが来店し、いざ契約したい!となった場合、
正直に属性を申告すると、滞納保障会社との契約や大家さんとの賃貸借契約自体も
ほぼ難しいこととなります。


そこで、、、


そういったお客さんは、予め「勤務先偽装請負会社」と契約している場合があります。

その会社からは、偽装した源泉徴収票まで出して貰えます。
よくあるパターンとしては、美容院とかネイルサロン勤務と申告されているのですが、
実の勤務時間は深夜だったりとかして・・・・・・

申告された勤務先の電話も、その偽装請負会社の電話(転送など)になっていて、
事務員が対応する様になっています。

勿論、本人は外出しているとになっていて電話口に出ることは一切ありません
滞納保障会社の審査でも相当深く調べないと解らないと思います。

また、客付け会社の中には、それを解った上で、その請負会社を紹介している例も
あるようです(大手でも)。請負会社も客付け会社に営業をかけているし。。

モラルって???どうなってるんでしょう。。


実は、私の物件で、2棟別の物件に、同じ会社に勤務していることになっている入居者
がいたのです。

最初は、たまたま同じ会社なのかなあ?と思っていたのですが、
一人は、ご近所さんから「あの子は帰りが随分遅いんですよ。私が起きる頃だもの」と
情報を頂いていました。

そのうち、入居からあっという間に「会社を辞めることになったので退去します」と。。
しかも、かなり残地物があって、変だな??と思ってました。


もう一人は、現在も続く・・・滞納者。
既に滞納保障会社の代位弁済も1年経過してしまっています。
実際には、半年分程が回収できずにいる様です。

この滞納者を追跡していくうちに、偽装請負会社の存在が明らかになっていった訳です

私が常々依頼している客付け会社さんにも聞いてみましたが、
中には、存在を確認しているどころか、、使ったことがある!という話まで飛び出したと・・・・・

結構、業界では常識なんですね。


しかしながら、大家の立場としてはかなり困った問題です
皆さんも入居者の属性にはよくよく注意が必要かと思います。
以上お知らせまで。。。
| 邪道大家yam | 賃貸管理業務 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: